宮崎の脱毛サロンでの痛みについて

脱毛サロンの利用を考える時に、どうしても警戒してしまうのが痛みが強いのではないかという点でしょう。
実際、かつてニードル式という脱毛法が宮崎で主流だった時代には強い痛みが付きものでした。ニードル式は毛穴に針を差し込み、そこに電流を流して毛根を焼き脱毛するという方法だったために鋭い痛みに延々と耐え続けなければいけなかったのです。

しかし現在ではニードル式を採用している脱毛サロンはほとんどありません。
現在宮崎の脱毛サロンで主流になっているのは、ブランドや設備によって正式名称は細かく変わりますが一般的に光脱毛と呼ばれている方法です。
元々、医療用にはレーザー脱毛という方式があるのですが、高出力レーザーの使用は医療機関のみに許されているために民間の脱毛サロンでそのまま使うことはできません。
そこで編み出されたのが光脱毛で、宮崎で脱毛をするとなれば、このようなレーザーですので痛みも少なく施術時間も短時間で終わります。痛みについては、肌をゴムでぱちんと弾いた程度という表現がよく使われています。